魚突きワークショップ

私が手銛を持つとみんなが笑いました。
しかし、海から上がってきた私が携えてきた魚を見ると彼らは・・・

 

受講資格 素潜りで5m以上潜れること
期間 4日間(おがさわら丸入港日から出港日までの全日)
費用 149800円(お一人あたり)
※既に魚突きのご経験がある方は貸し切りツアーがおすすめです。
定員 6名(ボートは15名乗れる船です)
含まれているもの 魚突き指導料、泳ぎ釣り指導料、4日間のボート乗船料(トイレ付・AED搭載)、保険代、宿までの送迎、船上クーラーボックスと保冷剤使用、手銛のレンタル、泳ぎ釣り道具レンタル、泳ぎ釣りの餌代、安全監視・ライフセービング、60日間のメールやラインによる直接サポート
含まれていないもの 小笠原までの往復フェリー料金、宿代、滞在中のお食事、お弁当、飲み物、お土産、ウエットスーツ、3点セットなどの器材レンタル代、他上記「含まれているもの」に書かれていないもの

テレビに取材されました!

この講座で学べること

・ダイビング、シュノーケル、素潜り、魚突きの中で死亡率が格段に高い魚突きというスポーツ。知っておかなけば死んでしまう、魚突き中のリスクとは

・これをしることで、息止めタイム2分30秒→4分4秒に激変。素潜り中に息が苦しくなるメカニズムとその対策とは

・魚が逃げてしまう素潜りと逃げていかない素潜りの違い これを知らないと、潜った瞬間に魚はあっという間に逃げてしまい、魚に近づことすらできないでしょう

・魚突きよりも実は遥かに簡単に高級魚アカハタが採れてしまう、泳ぎ釣りの釣れる釣り方、釣れない釣り方。10年研究して、辿り着いた泳ぎ釣りに適した釣り針のサイズとは。

・どんな魚にも応用可能な、採れた魚の捌き方、下処理、鱗とり、内臓処理、三枚おろし。基本的な料理の仕方。

・潮流対策。激流に巻き込まれて沖に流されたときにどうする?流されて生き残る人と死ぬ人の違いとは。

・魚による特性、突きやすい魚と突きにくい魚、初心者におすすめな突きやすくて、おいしい、寿司ネタにもなっている魚とは?

魚突きとは死ぬスポーツ

あまりニュースにはなりませんが、魚突きとは死亡率は私が知る限りで最も高いマリンスポーツです。

小笠原でも、死亡者がでています。有名な魚突きのユーチューバーがなくなったという話も割と最近、耳にしました。

その多くが、自己流で、一人で、魚突きをされています。

海には多様な危険があります。

全てを万全に準備しても、その万全の上をいく、予想外のトラブルが起きるのが、海という場所です。

4日間で39万の参加費は決して安くありません。しかし、あなたの命を失うリスクが39万で軽減されるとしたらどうでしょうか。

4日間で学んだことは、その後、ずっと魚突きをしていくのであれば、ずっと使える知識と技術になるはずです。

そして、4日間が終わった後も、分からない点があれば、ラインやメールで60日間の間、ご質問頂くことが可能です。(60日過ぎてからでも有料でサポートをすることは可能です)

素潜りの学校で初期のころは、半日のツアーで体験魚突き講習などで格安でツアーをやっていましたが、伝えきれないことが多く、中途半端な理解で終わりになってしまいました。

それだと、魚突きを、続けていく上で、場合によってはリスクがあります。

それより、きっちりと4日間で、腰を据えて、伝えられる、責任あるツアーがしたいと思ったのが魚突きワークショップを始めたきっかけです。

軽い気持ちで始めることはお勧めしません。身近に習える人が習って始めましょう。
一歩間違えれば、魚突きは死にます。

遊漁船登録業者です。

海で生き物を採取するツアーを行う場合、遊漁船主任者の資格と遊漁船登録の許可が必要となります。

こちらがなされていない船で魚を採るツアーに参加した場合、違法となり、保険なども適用されません。

当店は正式に登録された遊漁船であり、漁協、観光協会、東京都産業課に事前にお伺いをたてた上で、運営しております。

参加特典

素潜りの学校 魚突きワークショップに参加されると以下の特典があります。

魚突き経験者限定の魚突きツアーにご参加可能


魚突き経験者限定のツアーを不定期で行っています。魚突きワークショップ参加の方は優先的にご参加頂けます。

60日間のメール・チャット直接サポート

ワークショップ終了から60日間、直接メールやラインでご質問頂けます。

参加者様の写真

 

参加を申し込む

申込フォームはわりと長くなっていますが、お客様のご経験とご希望をお伺いし、オーダーメイドに近いツアーを心がけていますので、お手数ですが最後までのご記入をよろしくお願いいたします。スマホでも入力は可能です。

※半年以内に既にご参加頂いている場合は、フォームではなく、ラインで「参加者全員のお名前」「レンタル(あれば身長・体重・足のサイズ)」「宿泊予定宿」「参加希望日」「参加希望のツアー名」の5つをご連絡頂ければ結構です。

申込フォーム